Googleアナリティクス(GA)APIの項目だったりスプレッドシート用のアドオンの使い方

ブログ

投稿日:

GoogleAnalytics(以下GA)単体でもとても便利なんですが、複数のプロファイルを一覧で見たいとかデータをごにょごにょしたい時だと不便な点もあるので、私の場合そんな時はスプレッドシートにまとめてしまってます。

とはいえGAのカスタムレポートだったりデータスタジオだったりでもできるとは思うのであくまで私の場合です。
データスタジオは便利ですし、可能性も感じてはいるんですがリリースからの期間もそうですし利用期間も短く調べても情報出てこないことも多いので今後勉強して行きたいと思います!

スプレッドシートでGAの必要データを取得可能にする

まずはこのアドオンをインストールします。

Google Analytics Spreadsheet Add-on

アドオンインストール後に上部メニューの「アドオン」→「Google Analytics」→「Create new report」を選択するとサイドバーが出現するので以下の項目を入力して行きます。

初回のみGoogleから認証を求められると思いますがそのまま進めてOKです。

1) Name your report

Name
レポート名なので任意で付けてしまって大丈夫です。

2) Select a view

Account
利用したいGAのアカウントを選択。

Property
アカウント配下の見たいサイトを選択。

View
ビューデータを選択。設定を変更していないようであればデフォルトの「すべてのウェブサイトのデータ」で問題ありません。

3) Choose configuration options

ここからが必要なデータによってかなり変わってきます。
設定可能な項目は3つ。

Metrics

※ちなみに辞書には載っていないですが、指標とか測定法の意味らしいです。

inputにフォーカスすると設定可能なMetricsの値がサジュエストで表示されます。すべて英語なんですがなんとなくイメージできると思います。
設定可能な親項目だと以下になります。

  • User
  • Session
  • Traffic Sources
  • Adwords
  • Goal Conversions
  • Page Tracking
  • Content Grouping
  • Page Tracking
  • Internal Search
  • Site Speed
  • App Tracking
  • Event Tracking
  • Session
  • Event Tracking
  • Ecommerce
  • Social Interactions
  • User Timings
  • Exceptions
  • Custom Varialbles or Columns
  • DoubleClick Campaign Manager
  • Adsence
  • Ad Exchange
  • DoubleClick for Publishers
  • DoubleClick for Publishers Backfill
  • Ecommerce
  • Custom Variables or Columns
  • Ecommerce
  • Lifetime Values and Cohorts
  • DoubleClick Bid Manages
  • DoubleClick Campaign Manages
  • DoubleClick Search
  • Session
  • Ecommerce
  • User
  • Ecommerce

以上です…同じ項目が重複していますが誤植ではなくサジェストには複数に別れて表示されます。
上記サジェストを親項目とするとその配下の子の項目が各々違います。いずれは一緒になりそうですが。

それぞれの意味を知りたいって方は以下のクエリエクスプローラというツールにアクセスして翻訳してしまえば概ねわかるのではないでしょうか。

クエリエクスプローラ

項目は上記のように多数存在しますが、実際に使いそうなのだと以下くらいかなと思います。

  • セッション数(アクセスってどのくらいと聞かれた時なんかは私をこれを教えるようにしてます。)
  • PV数
  • ユーザー数
  • コンバージョン数、コンバージョン率
  • 直帰率
  • 滞在時間
  • サイトの読み込み速度
  • 新規ユーザー

他には広告も取り扱っているようであればAdwordsやAdsence、DoubleClickのデータなんかも見れた方がいいかもしれないですね。

Dimensions

※こちらは大きさ

設定可能な項目は前述のMetricsと似てますが以下の親項目があります。

  • User
  • Session
  • Traffic Sources
  • Adwords
  • Goal Conversions
  • Platform or Device
  • Geo Network
  • System
  • Page Tracking
  • Internal Search
  • App Tracking
  • Event Tracking
  • Ecommerce
  • Social Interactions
  • User Timings
  • Exceptions
  • Content Experiments
  • Custom Variable or Columns
  • Time
  • DoubuleClick Campaign Manager
  • Content Grouping
  • Audience
  • DoubleClick for Publishers Backfill
  • Lifetime Values and Cohorts

などなど。

Segments

※断片、一部分

これはGA側がデフォルトで用意してある項目が読み込まれる他、作成済みのセグメントも読み込まれます。
データ取得してからスプレッドシート側でもデータはごにょごにょできるので作っても作らなくてもいいです。

アドオンを利用してデータ取り込み

前置きがかなり長くなってしまいましたが正直1と2だけ入力してしまってCreate Reportのボタンを押しちゃって構いません。

実際に作成して利用しているスプレッドシートの画面がこちらになります。

Report Configuration

実際の設定シートのためモザイク多めとなっております。。

Filtersの項目はかけなくても問題なかったのですがランディングページのURLを条件にしているので念のため非表示にしていますが、以下のようなフィルタリング設定にしてあります。

ga:goalCompletionsAll>3;ga:landingPagePath!@URL

ざっくり説明するとコンバージョン数が3件以上でランディングページのURLに「URL」という文字列を含まないデータを取得してねという意味です。

それを踏まえて、画像の設定値の説明は以下の通りです。

Report Name

任意レポート名

View ID

GAのビューID、別タブでGAを開いて管理メニューのビューIDをコピペしちゃってもOKです。

Start Date

データの取得開始日、日付を直接入力してもいいですし、○daysAgoのような形式で何日前からでも入力可能です。
画像の設定値は7daysAgoなので7日前を取得開始日に設定してあります。

End Date

データの取得完了日。こちらも開始時StartDateと同様に設定可能。
設定値はyesterdayなので昨日までのデータになります。データがブレても問題なくて速報値で知りたいという場合は当日のデータも取得可能なので、todayと入力しましょう。

Metrics

取得したいデータ。ここでPVだったりコンバージョンだったりを選択します。
設定値はga:goalCompletionsAllとga:sessionsでそれぞれ、すべてのコンバージョンとセッション数となります。

Dimensions

取得したデータから必要なデータを整形。設定値はga:landingPagePathとランディングページのURLを設定してあります。

Order

取得したデータの並び替え。-ga:goalCompletionsAllと-ga:sessionsを入力しているのでそれぞれ、コンバージョンの多い順、セッションの多い順となります。

Filters

前述した取得したデータの絞り込み。

Limit

データの最大取得数。設定値は10としているので最大10件のデータ取得となります。

以上の設定をまとめると以下のデータの取得になります。

7日前から昨日まで3件以上コンバージョンしたランディングページのURLと件数を上位10件取得する、またsessionに設定している方も同じく7日前から昨日までセッションが20以上あるランディングページのURLを上位10件取得になります。

スケジュール化してデータの自動取得

思った以上に長くなってしまったので後編に続きます!

次回はスケジュールでのデータの自動取得なんかもまとめたいと思います。

ダブルレクタングルからレスポンシブへ




ダブルレクタングルからレスポンシブへ




-ブログ
-, ,

執筆者:

関連記事

Chrome 悪質サイトを排除へ

【Google】Chrome戻るボタンで戻れないサイトを排除へ

特にストレスが溜まるのが、Android版などのモバイル端末でChromeを使用している際なのですが、Safariの場合はスワイプでのブラウザバックの他に戻るボタンを長押しすると開いてるタブの履歴が一 …

XperiaでWi-Fiが繋がらない

【Xperia】Wi-Fi繋がらない、瞬断、途切れるなどの解決・改善方法のご紹介。Android8.0

完全なる自分用のメモですが、先日Xperia(エクスペリア) XZs ドコモ SO-03Jのアップデートが来ていたので早速アップデートを行いました。 XperiaTM XZs SO-03Jの …

100万円もらえちゃうキャンペーン開催

【3/31まで】PayPay(ペイペイ)で今度は100万円あげちゃうキャンペーンを開催!

本日LINE Pay(ラインペイ)のキャンペーンをご紹介したばかりですが、スマートフォンのQRコード決済アプリ「PayPay(ペイペイ)」でも本日3/15より銀行口座を登録した人を対象に「100万円も …

レンタルサーバー比較。コアサーバーとロリポップを使ってみた感想。速度や使いやすさは?

前回、ドメインの移管をきっかけにレンタルサーバーを新しく借りてみました。ドメインだけ保有してもうレンタルサーバーを借りて何かしようとは考えてなかったんですがお試し期間もあったので、このブログを執筆して …

ニックネーム
DeLux
プロフィール

30代の東京生活に疲れたWEBエンジニア。
好きなことで生きて行きたいがためにあれこれと手を出してます。
主にAdobe、Google、Apple、SONY辺りの記事とコーディングやプログラム、たまに動画編集やデザインなどのTips的な記事を更新してます。

ガジェットも大好きなのでその辺りもぼちぼち増やす予定。